女の人

悩める一重は二重整形で即解決|吸い込まれるような大きな瞳

プラセンタによる治療

注射器

医療機関で出来る注射

プラセンタには、医療用と非異様用があります。医療用のプラセンタは、医師がいるクリニックだけで取り扱っているプラセンタです。医療用プラセンタの原料は、人間の胎盤です。日本国内の産婦人科で採取された胎盤を、医療品メーカーが加工して製薬にしたものです。アミノ酸をはじめとして、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸、成長因子などが豊富に含まれていて、細胞に活力を与える効果があります。プラセンタ注射は、医療用プラセンタを使用した注射です。プラセンタ注射は、更年期障害の治療や頭痛や腰痛などの改善、アンチエイジングなどの目的で利用されています。肝疾患治療や更年期障害の治療の場合、保険適用でプラセンタ注射ができます。

プラセンタの副作用

プラセンタ注射の原料は、同じ人間の胎盤です。従って何らかのアレルギーが出たり、副作用が出たりする危険性は皆無です。しかし、注射をするので、注射針のあとが残ります。何回かプラセンタ注射をすればそれだけ注射の跡が残りやすくなり、薄着になるのに抵抗を感じる場合があります。また、稀に発熱や悪寒などを感じる人もいます。そのような症状が出たら、すぐにプラセンタ注射を中止することが大切です。医療用のプラセンタは人間の胎盤を使用しています。そのため、リスクを考えて、プラセンタ注射をしている人の献血は禁止されています。しかし、市販のサプリメントやドリンクなどの場合は献血が出来ます。献血を希望する場合は、プラセンタ注射を避けることが大事です。